本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > 教育活動  > 社会人修士課程教育

社会人修士課程教育

海法コース 「国際海事問題の実務と法」について

わが国は世界有数の海洋国であり、公法・私法ともに、航海、海運、港湾、海事産業などにかかわる重要な課題に直面しています。欧米においては海法の専門の研究機関が設置され、海法の総合的な教育が行われてきているのに対して、わが国では、この分野に対する大学の取り組みは必ずしも十分とはいえませんでした。
海法は、実務との密接な関連を有しており、そもそも実務なくしては存在しえない法領域です。学問としても、古くから実務との協働が試みられてきており、実務界からの研究者の輩出、実務家による研究書の刊行も珍しいことではありません。そこで、海法研究所では、その発足当初から、わが国における海法教育、とりわけ社会人に対する法理論教育の可能性を検討してきました。その結果として、例えばロンドンでの海法LLMコース、フランスでの海法DEAコースに匹敵するものとして、わが国で初となる海法に関する社会人対象の修士課程コースを構想し、本講座が2009年4月にスタートしました。2018年度には、第10期生を迎える予定です。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright (C) 2012 Institute of Maritime Law, Waseda University